口コミで人気の商品をランキング!めざせ“ハリツヤ美肌の30代”!

アラサー女子のアンチエイジングコスメ比較ランキング

ストレスはやっぱりとっても肌に悪いんです。ストレスと肌の関係とは?

投稿日:

私たちは様々な場面でストレスを感じることがあります。

日常生活、家事や育児、仕事の忙しさなど。そんなストレスがたまったと思ったと同時に、最近肌の調子が悪い?と感じたことはないでしょうか。

ストレスがたまると肌にも当然影響があります。ではどのような影響があるのか?それを改善するためにはどんなことが必要かということをご紹介していきます。

ストレスがたまると自律神経が乱れる

鏡を見て悩んでいる画像ストレスがたまったときって、自然と寝不足になったり、食生活が乱れてしまうことってありませんか?

そのような普段の生活とは違った変化が身体におとずれると、自律神経がしだいに乱れていってしまいます。

自律神経というのは、私たちの体内のリズムを調整し、内臓や身体の機能を自然に働かせる機能を持っています。これは当然ながら肌を整えることにも影響しています。

また、ストレスを受けると体内に活性酸素が発生するので、肌へのダメージが蓄積されます。

活性酸素は体内で細胞を傷つけ、免疫力を低下させる働きがあるので、肌自体が本来の機能を発揮できなくなり、肌荒れやニキビなど様々な肌トラブルが発生します。

自律神経と肌はきっても切れない関係にあるのです。

ストレスが活性酸素を増やして肌荒れに

両手で頬を覆う女性私たちの身体の中には活性酸素というものがあります。

活性酸素は、体内にあること自体は問題ありませんが、ストレスが増えると活性酸素も過度に増えてしまうため肌に影響が出るのです。

その影響とは、活性酸素が細胞を攻撃してしまうということです。ストレスがたまると活性酸素が増えます。

活性酸素が増えすぎると、健康的な細胞まで攻撃してしまうため、それが肌荒れになって現れてしまうのです。

ストレスがあるとビタミンを大量に消費してしまう

ストレスがあると、体はそのストレスをコントロールしようと必死で働きます。その働く際に消費するのがビタミンです。

ビタミンといえば、肌にも影響を与えますし、血行をよくしたりするためにも働きます。そんなビタミンを大量に消費してしまうと肌への栄養が足りなくなり、肌への影響が現れてしまうのです。

ストレスに強い肌にするために

ここまでストレスと肌荒れについてみてきました。ストレスと肌荒れは比例する傾向にあるので、なかなか肌荒れを回避することは難しいです。

しかしながら、ストレスを解消できるように気分転換して自律神経を整えるようにする、紫外線を避け活性酸素の活発性を抑える。

ビタミンを効率よく摂取するなどを心掛けるとストレスがあっても肌荒れを最小限に抑えることが出来るでしょう。一番大切なのはストレスをためないこと!でもそれが難しかったら、上記の方法を試してみてください。

-美肌の基礎知識

Copyright© アラサー女子のアンチエイジングコスメ比較ランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.